上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トム・クルーズ主演の戦争映画が独国防省から撮影禁止に!
"トム・クルーズとブライアン・シンガー監督のコラボレーションが話題の戦争映画「ワルキューレ(Valkyrie)」が思わぬ障害に出くわした。同作品は、第2次大戦中の独軍将校によるアドルフ・ヒトラー暗殺計画を描いた戦争アクションで、物語の舞台となるドイツで間もなく撮影が開始されるが、6月25日、ドイツ国防省が国内の軍事施設での撮影を一切認めないと発表。その理由として、クルーズがカルト宗教サイエントロジーの信者であることを挙げた。

 ケネス・ブラナー、カリス・フォン・ハウテン(「ブラックブック」)、ビル・ナイ(「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」)、エディ・イザート(「オーシャンズ13」)といった国際派俳優を揃えた同映画は、第2次大戦中に実際計画されていた史実、ヒトラー総統暗殺事件を描く。クルーズは、その計画の首謀者であったドイツ軍将校クラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐を演じる。同大佐は44年7月にブリーフケースに爆弾を隠し持ち、暗殺を試みたが失敗し、処刑された。

  ドイツ政府は、サイエントロジーについて、宗教団体を装って資金集めをしていると主張。ドイツ国防省の報道官は、そのカルト教団の広告塔にもなっているクルーズがシュタウフェンベルク大佐を演じる限り、独軍施設内での撮影は許可できないと語った。一方、サイエントロジー側はこの主張を完全否定している。

 クルーズの長年のパートナーで、製作会社ユナイテッド・アーティスツの代表、ポーラ・ワグナーはこの件に関し、次のような声明を発表。「もうすぐ撮影に入る『ワルキューレ』は、第2次大戦のレジスタンス・ヒーロー、シュタウフェンベルク大佐の英雄像や理念を、歴史的にも正確に描いたスリラーです。ドイツ軍大将校の中にもナチ支配に対し真のレジスタンス活動をした人物がいたということを、我々は世界に向けて発信したかった。『ワルキューレ』の物語は、ブライアン・シンガーとクリストファー・マッカリーが発案したもので、我々ユナイテッド・アーティスツが買いました。物語のベースは、マッカリー氏とネーサン・アレクサンダーによる、よく想像をめぐらした脚本で、我々はそれにゴーサインを出し、シンガー氏を監督にしました。それからシュタウフェンベルク大佐の役柄について完璧に役作りしていたトム・クルーズにオファーしました。大佐への明白な賞賛を表すことは別にしても、クルーズ氏の個人的な理念が、映画のプロット、テーマまたは内容と関係することは絶対にありません。世界中のどこでもこの映画を撮ることは出来るでしょうが、ドイツは物語の正義を本当に表現できる唯一の場所だと信じています」

eiga.com映画ニュース トム・クルーズ主演の戦争ドラマにケネス・ブラナー“参戦”

"





トムクルーズの彼女 PART1



トムクルーズの彼女 PART2

0
スポンサーサイト

| ホーム | プレイボーイ誌創刊者、ヘフナー氏の伝記映画をB・ラトナーが監督 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


トム・クルーズ

トム・クルーズトム・クルーズ(Tom Cruise, 1962年7月3日 - )はアメリカ合衆国の俳優、映画プロデューサー。本名は Thomas Cruise Mapother IV。ニューヨーク州出身。アイルランド系移民の子孫。父親トーマスはなかなかひとつの仕事に長く留まっていら

ちひろの日記 2007/07/13 08:36

秒速5センチメートル 特別限定生産版 DVD-B

面白かったです。新海監督の作品は「雲のむこう~」ではまりました。だんだん映像や音楽がレベルアップしてる事にも感動を覚えます。お話しも私はとても好きな感じでした。ただ「ほしのこえ」から三部作テーマが同じだったのでそろそろ別の話しを期待します。秒速5センチメ

映画 ドラマを... 2007/09/30 14:26

黄色い涙 【初回限定版】

自分自身は60年代にはまだ生まれていなかったので、時代背景は違いますが、大学生ぐらいの時、誰かの部屋を溜まり場にしては飲んだり語ったりはしゃいだりして過していた頃をつい振り返ってしまいます。無駄なようで無駄じゃなかったような、ダメっぷりを競い合うような日々

映画 ドラマを... 2007/10/12 12:43

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。